運営の基本方針|オーエンス泉岳自然ふれあい館の学校利用の手引き、団体利用、家族利用の方法掲載しております。

  • Home
  • 施設利用のご案内
  • 本館(宿泊研修施設)
  • 市民キャンプ場
  • 運営の基本方針
  • 活動事例集

運営の基本方針

  1. HOME
  2. 運営の基本方針

運営の基本方針

運営の基本方針

1- 教育課程に基づく学習活動を支援する。
泉ケ岳の自然を活かした集団宿泊活動、自然体験活動等を通じて、心豊かでたくましい青少年の育成を支援する。特に学校活動においては、「仙台市教育振興基本計画」に基づき、『自分を見つめ、仲間と積極的に関わり合い、自ら考えて主体的に行動できる児童・生徒の育成を図る』という教育目標を実現するための支援を行う。

2- 幅広い世代の利用者へ学びの場を提供する。
泉ケ岳の自然の中での直接体験を通じた感動と学びの場を提供するとともに、社会教育諸団体や地域との連携を深めながら、多様な利用に対応できる野外活動プログラムを開発し提供する。さらに、野外活動支援者の人材育成を行うなど、生涯学習施設としての機能の充実を図る。

基本方針に沿って重点的に取り組む事項

1- 生涯学習施設としての伝統の継承を踏まえた取り組み
泉岳少年自然の家の伝統を受け継ぎながら、幅広い世代の生涯学習活動を支援するための取り組みを行う。
(1) 泉ケ岳の自然を活かし、利用者のニーズに即した野外活動プログラムを提供するとともに、主催事業等において野外活動プログラムの開発を積極的に行う。
(2) 「規律・協同・友愛・奉仕」の精神を継承し、利用者の教育目標への理解を深める支援を行う。
(3) 活動の主体は利用者であることを明確にして支援にあたり、その内容の充実と質の向上を図る。
(4) 野外活動ボランティアの育成や活動事業の整備、充実を図る。
(5) 様々な社会教育施設や団体、地域との連携を深め、共催、連携事業等を通じて生涯学習施設としての機能の充実に努めるとともに、学校、教育センター、適応指導センター等の各機関と連携しながら、本市の教育力向上に寄与する。

2- 泉ケ岳を訪れる方への多様なサービス提供
(1) 泉ケ岳の気象や四季の風情、生態系や登山ルート等の多様な情報を発信するとともに、休憩コーナーや軽食堂などを活用した多様なサービスを訪れる方に提供し、泉ケ岳地区の振興に寄与する。
(2) 安全で安心して活動できる施設やエリアの整備、保全に努める。
(3) 施設への理解と利用促進を図るため、多様なメディアを活用した広報活動を進める。

ご利用の流れ      
学校利用の手引き      
ご利用の案内 ご利用の流れ 空室状況 主催事業 申請様式ダウンロード ボランティア 本館食事の献立とアレルギー表 リーフレット アクセス情報 お問い合わせ 活動事例集 仙台市 SENDAI CITY OFFICIAL HOMEPAGE 教育委員会事務局 o-ence