ご利用の流れ|利用の手続きの仕方やキャンプ場を紹介いたします。

  • Home
  • 施設利用のご案内
  • 本館(宿泊研修施設)
  • 市民キャンプ場
  • 運営の基本方針
  • 活動事例集

ご利用の流れ/よくあるご質問

  1. HOME
  2. ご利用の流れ

ご利用の流れ

オーエンス泉岳自然ふれあい館をご利用される際のお申し込み方法は、本館の利用と市民キャンプ場の利用で異なります。下図をご覧の上で、当館までご連絡ください。もちろん、ご不明な点はご質問いただけると幸いです。

※小学校、中学校、中等教育学校の前期課程、特別支援学校の小学部、中学部までの利用

市内小・中学校等の利用

仮申し込み

  • 記入の詳細は募集要項参照
  • 市内小・中学校等に要項を送付
    (前年度10月に発送)

館内での利用期日調整

市内各学校に利用決定通知を送付

  • 前年度12月に発送

学校利用担当者説明会

  • 4月に実施

野外活動体験研修会

  • 年5回(4, 5, 8, 10, 1月)実施

事前打合せ会(実施30日前まで)

  • 実施計画調整
  • 児童健康調査実施

書類提出(30日前まで)

  • 使用申込書 <様式1>
  • 活動計画書 <様式2>
  • 利用者名簿 <様式3>
  • アレルギー報告書 <様式4>
  • 食事持込みについて <様式5・6>
  • 配慮児童生徒状況報告書 <様式7>

食事数最終確認書提出

  • 指定期日までFAXで提出
  • 食事数最終確認書 <様式8>

書類提出(利用当日)

  • 使用承認書(様式1を受理後各学校に送付)
  • 実使用人数報告書 <様式9>
  • 利用者名簿 <様式3>(欠席者を二重線で消す)

市外小・中学校等の利用

利用可能日のお知らせ

  • 当館ホームページを確認
  • 前年度実績校に要項を送付
    (市内小・中学校の利用調整後)

仮申し込み

  • 記入の詳細は募集要項参照

館内での利用期日調整

市外各学校に利用決定通知を送付

  • 前年度1月に発送

学校利用の手引き

一般利用(宿泊室利用を伴う場合)

申込み

  • 電話又は来館により
    申込みを受け付けます。
    ※活動内容、場所、時間帯を
    確認します。

野外活動事前研修

  • 団体の活動内容、経験・要望を
    考慮し必要に応じて事前打ち合わせ
    と同時実施

事前打ち合わせ(利用希望日の10日前まで)

書類提出(利用希望日の1週間前まで)

  • 使用申込書 <様式1>
  • 減免申請書(対象団体のみ)
  • 活動計画書 <様式2>
  • 宿泊者名簿 <様式3>
  • アレルギー報告書 <様式4>
  • 食事持込みについて <様式5・6>
  • 配慮児童生徒状況報告書 <様式7>
    ※団体によって打合せは電話等で、書類提出は郵送で行う
    ※上記提出物により利用計画確認・確定を行います。利用承諾書等を各団体に送付します。

食事数最終確認書提出
(指定期日までFAXで提出)

  • 食事数最終確認書 <様式8>

書類提出・利用料金支払(利用当日)

  • 使用承認書(様式1を受理後各団体に送付)
  • 実使用人数報告書 <様式9>
  • 宿泊者名簿 <様式3>(欠席者を二重線で消す)

一般利用(体育館・多目的ホール・研修室のみのご利用の場合)

申込み

  • 利用希望日の1週間前から当日まで
    電話又は来館により申込みを受け付けます。
    ※活動内容、場所、時間帯を確認します。

書類提出・利用料金支払(利用当日)

  • 使用申込書 <様式1>
  • 減免申請書(対象団体のみ)

一般利用の手引き

予約受付時間 午前9時~午後5時(電話:022-379-2151)
利用期間 4月1日~11月30日
予約方法 本館(総合案内窓口)又はお電話で受付いたします。
2月1日~利用前日(日帰りの場合は利用当日)まで受付いたします。
① ご希望の利用日程(日帰り・宿泊)・テントサイト区画数をお伝えください。利用可能かお調べいたします。
② ご利用可能の場合には,利用人数・(団体名)・氏名・〒住所・電話番号をお伝えください。
※ 原則宿泊利用は,前日までのご予約が必要です。
※ 最大2泊3日まで予約可能です。
※ キャンセルの場合には,お早めにご連絡ください(利用前であればキャンセル料金はかかりません)。
※ テントサイトは当館で指定させていただきます。
※ 保守点検等施設の都合によりご予約をお受けできない場合があります。予めご了承ください。

市民キャンプ場の利用

泉岳自然ふれあい館では,青少年による自然体験活動で利用する場合は,施設利用料金などが5割減免の対象となる場合があります。
減免の適用の有無及び対象範囲については,事前にご確認ください。
【主な5割減免対象活動】
・市内の学校のPTAが主催する行事における参加者の活動
・本市の教育委員会が開設する社会学級における参加者の活動
・市内の子ども会が主催する行事における幼児,児童又は生徒の活動
・市内のスポーツ少年団が主催する行事における幼児,児童又は生徒の活動(平成28年4月以降の利用から適用)
・市内のボーイスカウト及びガールスカウトが主催する行事における幼児,児童又は生徒の活動(平成28年4月以降の利用から適用)
※1 食費,布団,寝袋など減免の対象外のものもあります。
※2 その他の減免の対象になる活動については、「利用料金の減免について(詳細)」をご覧ください。
減免申込書

泉岳自然ふれあい館は仙台市の社会教育施設として,利用団体や利用目的によって,施設利用料金の減免制度があります。減免の大まかな基準は次の通りです。減免の適用の有無及び対象範囲については,事前にご確認ください。

◎次の活動で,かつ,青少年による自然体験活動で利用する場合は5割減免の対象となる場合があります。ただし,布団,寝袋,シャワー使用代は除きます。

  • ①市内の幼稚園,小学校,中学校,高等学校,高等専門学校,特別支援学校等,市内の学校における幼児,児童又は生徒の学習活動
  • ②市内の児童発達支援事業所,放課後等デイサービス事業所又は児童福祉法(昭和22年法律第164号)第7条第1項に規定する児童福祉施設における幼児,児童又は生徒の学習活動
  • ③市内の放課後児童健全育成事業における児童の学習活動
  • ④市内の学校のPTAが主催する行事における参加者の活動
  • ⑤本市の教育委員会が開設する社会学級における参加者の活動
  • ⑥市内の子ども会が主催する行事における幼児,児童又は生徒の活動
  • ⑦市内のスポーツ少年団が主催する行事における幼児,児童又は生徒の活動(平成28年4月以降の利用から適用)
  • ⑧市内のボーイスカウト及びガールスカウトが主催する行事における幼児,児童又 は生徒の活動(平成28年4月以降の利用から適用)

◎仙台市内学校が教育課程に基づく活動で利用する場合は10割減免の対象となります。ただし,布団,寝袋,シャワー使用代は除きます

◎仙台市以外の学校が教育課程に基づく活動で利用する場合は5割減免の対象となります。ただし,布団,寝袋,シャワー使用代は除きます。

◎大学生の研修(大学の講座としての施設運営等の実習)のための利用する場合は5割減免の対象となる場合があります。ただし,布団,寝袋,シャワーを除きます。

◎他に,仙台市嘱託社会教育主事研究協議会主催に関する活動や,本館ボランティアに関するものがあります。
※1 シャワー使用代とは市民キャンプ場のコインシャワーの利用料金です。
※2 食費も減免の対象外です。

ご利用の案内 ご利用の流れ 空室状況 主催事業 申請様式ダウンロード ボランティア 本館食事の献立とアレルギー表 リーフレット アクセス情報 お問い合わせ 活動事例集 仙台市 SENDAI CITY OFFICIAL HOMEPAGE 教育委員会事務局 o-ence